読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しいだけで十分です

好きなことを書きます

SSHクライアントの設定の読み込み順をまとめる

SSHクライアント(sshやscpなど)の設定の読み込み順をまとめます。

[前提知識] クライアントの設定方法

クライアントの設定方法には、次の3種類があります。

  • コマンドラインのオプションを指定
  • ユーザーコンフィグファイル(~/.ssh/config)に記述
  • ホストコンフィグファイル(/etc/ssh/.ssh_config)に記述

設定の優先順位

設定の読み込む順番は次のものになっています。 (先に読み込んだ設定が優先される)

  1. コマンドラインオプション
  2. ユーザーコンフィグファイル
  3. ホストコンフィグファイル

ここでの重要なポイントは、コンフィグファイルがどのような設定になっていても、コマンドラインのオプションが最優先されることです。

補足

  • コマンドラインオプションの中で、同じオプションや設定が複数指定されている場合は、最後に記述されているものが優先されます。
  • コンフィグファイルの中で、同じ設定項目が複数ある場合は、先に評価されたものが優先されます。
  • コマンドラインにも、コンフィグファイルにも記述されていない動作は、デフォルトの設定が採用されます。

参考

OpenSSH[実践]入門:書籍案内|技術評論社